1月に、ChromeがHTTPページの接続セキュリティをどのように通信するかを向上させるための取り組み開始しました。パスワードやクレジットカードのフィールドがある場合、ChromeはHTTPページを「安全でない」とマークします。2017年10月から、ユーザーがHTTPページにデータを入力したときと、シークレットモードでアクセスしたすべてのHTTPページで2つの追加の状況でChromeが「セキュリティで保護されていません」という警告を表示します