はにまの雑記とかのブログ

日々の気になったことを色々と書く雑記ブログです。

VALU(バリュー)炎上騒動に想うところ

YouTuberヒカルらNextStageが解散 メンバーは無期限活動休止 賛否の声も<発表全文>

【YouTuberヒカル/モデルプレス=9月4日】人気Youtuberのヒカルらが所属するチーム「Next Stage」が4日、解散することが分かった。あわせて、メンバーであるヒカルほか、怪盗ピンキー、かす、禁断ボーイズ、ラファエルも同日より無期限活動休止となったことを所属事務所が発表した。ヒカルらは、個人の価値を仮想株式にして売買できるプラットフォーム「VALU(バリュー)」上の行動を巡り、炎上騒動を起こしていた。

また、ヒカルらはYouTubeチャンネルにて同様の発表と謝罪の動画を投稿。活動休止については存続できる精神状態にないとしている。

引用:モデルプレス YouTuberヒカルらNextStageが解散 メンバーは無期限活動休止 賛否の声も<発表全文>より https://mdpr.jp/news/detail/1712166

 

 

f:id:hanima:20170903232802j:plain

 

VALU炎上騒動をめぐり、当事者のYoutuberの無期限活動休止所属するチーム「Next Stage」解散が発表されました。

 

この件、

 

Youtuberの方たちが良い悪いは別にして、VALU側のシステム上の欠陥だと思っています。(個人的に)

ただお金を払った人が「道徳的に許されるか!!」と思うのは当たり前でしょう・・・

 

そもそもVALUとは?

 

valu.is

 

VALUは個人の価値を株式に見立てて売買できるシステムです。

 

登録にはフェスブックのアカウントが必須となります。

 

 

VALUERになると、うれしいことが。他人のVALUを手に入れると、VALUER(株主)になれます。
その人のタイムラインや、限定公開コンテンツが見えるようになります。
「優待」は、VALUごとに自由につくれるインセンティブで、その内容もさまざま。
あなたにとって嬉しいイベントやグッズがあるかもしれません。

引用:VALUHPより https://valu.is/about

 

VALUという、いわば仮想通貨を発行して売買を行います。

 

例えば、「この人の活動は夢があるから応援したい!」

 

という方がいらっしゃればVALUを購入し株主になることができます。

 

株主になれば、優待として色々なサービスが受けられるわけです。

 

株と一緒ですね。(取引には仮想通貨ビットコインを利用)

 

このVALUには2つの側面があります。

すごくドライな書き方をすると

 

①夢を実現したい人の資金調達の場

VALUを売買して利益を得る場

 

どちらにしても「お金が流通する場」なわけですね。

 

今回のVALU騒動は株式でいう

 

風説の流布と同じじゃね!?」

 

と批判が殺到し炎上に至ってしまいました。

 

風説の流布(ふうせつのるふ)とは、有価証券の価格を変動させる目的で、虚偽の情報を流すこと。また、不正競争防止法においては、競争関係にある他人の営業上の信用を害する虚偽の事実を告知し、又は流布する行為が処罰の対象となりうる(2条15号)

引用:風説の流布 wikipedia より 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A2%A8%E8%AA%AC%E3%81%AE%E6%B5%81%E5%B8%83

 

「この株式が上がるから買ってね~」

 

「この株式が下がるから売ってね~」

 

と情報を流すと法律上NGなわけです。利益を独占できてしまいますからね。

 

Youtuberの方たちがTwitter上で上記に類似する発信をし、価格が上昇したところで売り抜けたので大問題になりました。

 

規約上問題ないとはいえ、人のお金が絡んでいる以上、やってしまった本人たちが責められるでしょう。

 

一番の問題は上記の流れを許してしまった、想定していなかったVALU側。

(現金ではなくビットコインでの取引になるので、明確な規制がありませんでした。)

 

規約上規定されていないのであれば、VALU側に問題があって、それをうまくすり抜けたというところでしょうか。ただ道徳上NG(人のお金を預かっているので)で今回の騒動に至ってしまった。

 

 

ちなみに私も一度登録してみましたが、気持ち悪くてやめました。

 

昭和な考えなので、周りの友人にVALUをやってることがバレたくないなと。

 

人の価値をフェイスブックやらVALUやらで簡単に決めるなよとイラっとしたから。